忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Feel so moon

アニメ「宇宙兄弟」の主題歌。ユニコーンです。
ちょっと気になったんで。コード拾ってみました。



intro
| A7 riff | % | % | % | % | % | F#m | D ||

A
| A | % | C#7 | % | F#m | % | % | % |
| F | % | G | % || A7 riff | % | % | % ||

B
| F | % | D7 | % | Bsus | % | B | % ||

C
| E | % | Am/E | % | E | % | Am/E | % |
| E | E/D | C | % | Am | % || E | % | % | A | E ||


■分析
<intro>
ギターリフのパターンがタタタン、タタタンなのに、ドラムの3拍目スネアが8分前にずれているため、リフもタタタン、タタン、に聞こえる。なかなかトリッキー。AのパワーコードにGをからめる王道リフのようでいて一工夫。

<A>
6小節目「空気が読めない」のところが面白い。普通に聞いているとコードが進行しそうなところでコードが進行してない。F#mキープ。おしゃれ。
あと歌詞の方で「読む空気がない」はうまい。さすがだなと。
ここまでKey=A。

<B>
FもD7もkey=Aのダイアトニックコードではないので、調性的に不安定になってきたところに突き刺すようなBsus-Bの展開。このBを利用してサビから転調。

<C>
ここは一応key=E。
サビの基本になっている、EとAmの繰り返しは「すばらしい日々」と同じですね(メロディもかなり似ている。ただルートがEをキープしているのが相違点。違いを出そうと意識したのかもしれません)。ちなみにKey=EでのAmは機能的には【サブドミナントマイナー】に分類されます。Emから借用してきてるので、メジャーとマイナーが交互にあらわれるような浮遊間のある進行です。阿部さんはサビで無重量っぽくなる感じを狙った、と言っていたので狙い通りですね)
で、最後そのままEで終わるんですよね。
アニメ主題歌としてしか聞いてないので、このあと展開がどうなるかわからないのですが、元のキーにどうやって戻るのか、は気になるところです。
そのうちリリースあるのかな?
PR

テルマエ・ロマエ / 宇宙兄弟



原作マンガもの2作観ました。

テルマエ・ロマエ

ルシウスの役を阿部寛さんが演じる、と聞いた時点でこれ絶対面白い、と思ったんですが、「外国人役を日本人が演じる」不自然さが気になるかな、と思ってました。
でも実際そんなことなかったです。不自然と言えば不自然だけど、アリかナシかでいえば全然アリ。監督さんは「のだめ」映画版(未見)も監督された方なので、その辺慣れてたのかな、と思いました。タイムスリップの演出も笑えるし、原作の名場面は映像になってより面白く(ルシウスが銭湯でフルーツ牛乳を飲むシーンなど)。また、オムニバスだった原作を、映画オリジナルのキャラクター(上戸彩さんによる漫画家志望の『山越真実』!(なんせ原作者はヤマザキマリさんなんで))がうまくひとつなぎのストーリーにまとめています。その辺も含めてうまいな、と思いました。面白かったです。

ちなみに、上の写真は映画館でもらった「特別編」です。阿部さんとルシウスが共演している読み切りあり。

宇宙兄弟

最初の方に出てくる、宇宙開拓史をprimal screamの"Rocks"に合わせて紹介するところがとてもカッコ良く、心配していたムッタ役の小栗さんは、予想よりずっとムッタっぽく。本物のJAXA、NASAの映像に心躍り、打ち上げシーンの迫力に「映画館に見に来て良かった。」と思う。

そんな感じで、割と楽しめたんですが、最後の部分。

ヒビトが事故からギリギリで生還するシーンは原作ではひとつのクライマックスでした。宇宙飛行士達が宇宙飛行士らしく、最後まで生の望みを捨てなかった結果としての生還劇に感動したのですが、映画では単に「気持ち」みたいなとこでなんとかしてしまっていて、かつちゃんとその辺を描いてすらいなくて、いきなり未来の話になり、兄弟がロケットに乗り込むシーンになってしまう。

これにはとてもがっかりした。

製作途中で誰かが仕事を放り出したんだと思った。

原作を読んでる人は皆、この話の最終的なクライマックスが「兄弟がともに宇宙に行くシーン」になるだろう、と思ってるわけで、作中の兄弟がそれを夢見ているのと同様、読者もそのシーンを夢見ているはずです。それに向かって少しずつムッタが近づいていく様子を一緒に楽しんでいるところに、いきなり冷や水を浴びせられた気分です。えーー、それ見せちゃうの!!!と、開いた口が塞がらないままエンドロールになりました。コールドプレイがしらじらしく聞こえた。

今考えると、まぁ映画的には最後兄弟が宇宙に行くシーンにしないと終われないのかな、とも思いましたが、それにしても「そりゃないよ」な気分です。



bttcのBGM



お越し頂いた皆様ありがとうございました。

当日は朝から準備で大変だったのですが、本番はなんかあっという間に終わってしまいました。

来れなかった皆様、次回ライブは5/30に青山月見ル君思フであります。ぜひおいでください。

--

当日の開演前BGMは僕が用意しました。
といっても前日にダーっと思いつきでplaylist作っただけですが。
一応紹介しておきますよ。

1. "sunshine superman" donovan
前にもblogで紹介したんですけど、ギターはジミー・ペイジです。


2. "daisy" fang islnad
PV面白い。1カット。


3. "Off The Wall" Lee Ranaldo
sonic youthのギタリストです。こないだ出したソロから。


4. "backfire" MUTEMATH
この人達はこっち(逆回転PVの名作)の方が好きなんだけど、なかったので。


5. "the reeling" Passion Pit
ちょっと前の曲だけどアガリます。


6. "end of the line" sleigh bells
女性ヴォーカルとメタルギタリストの変な二人組。今一押し。この曲は泣ける。


7. "it's in your eyes" sloan
カナダのベテランバンド。常にいい曲書いてますが最近のやつはよくなかった。でもライブみたい。来日しない。


8. "a real woman" squarepusher
夢で見た架空のバンドを再現する、というコンセプトで作られたアルバムの曲から。この人はホントにすごい。ベーシストとしても素晴らしい。ライブ映像ありました。


9. "Chicago (Adult Contemporary Version)" sufjan stevens
「イリノイ」っていうアルバムに原曲が入ってるんですが、これは「アヴァランチ」っていう、イリノイに入らなかった曲を集めたアルバムに入ってます。


10. "I saw the light" todd rundgren
名曲。なんかダリル・ホールと一緒にやってるバージョンがあったのでそれを。


11. "art of almost" wilco
現代アメリカ最重要バンド(らしい)の最新作より。ライブしかなかった。


12. "something goes right" SBTRKT
この人はサウンドがカッコいいのはもちろん、歌ものとしても曲がいいです。


---

こんな感じでしたー。
まぁ、全部は流れてないと思うんだけど。

それにしてもYouTubeすごいな。だいたいあるな・・・。














チェスターコパーポットと相模原と私



僕がChesterCopperpotと出会ったのは、2004年ぐらいでした。
当時所属していたバンドで初めて対バンした際一発で気に入ってしまい、その後もイベントに出てもらったり、呼んでもらったり、録音に参加してもらったり。

音楽がすごく好きだったのはもちろん、出身が全員相模原というのがポイントで。

なんせ僕も、幼稚園から高校卒業までは相模原で過ごしたのです。

大学から千葉にきて、相模原出身、って全然聞かない中、気に入ったバンドのメンバーが全員相模原、という奇跡。

僕はもう嬉しくて、「ねぇねぇ高校どこ??僕も相模原だったんだよ!」などと話をふるも、「へーそうなんすか。高校は○○高っす。」といった気のない返事。とてもガッカリしたのを良く覚えています。(最近聞いたら、相模原にちょっと住んでた、ぐらいに思ってたらしく、高校まで相模原だって!という話をしたら驚いてました。遅い!)

そんなこんなで月日は流れ。

チェスター活動停止期間中の「りつを」サポートに誘われ、一緒にやること約2年。勇ちゃん戻ってきてさらに1年。
「もうこれってチェスターだよね?」ということで、ChesterCopperpot復活。
末席にちょこっとギタリストとして参加することになったわけです。

そんな4人で、以前からやってみたかった「自分達で全部やるライブ」を相模原でやります。

ホールを押さえ、機材を揃え(矢野さんドラム購入!)、練習を重ね、いよいよ明日本番です。



ChesterCopperpot presents 【BACK TO THE CHESTER】
5/5 サンエールさがみはら 2Fホール
開場17:30 開演18:00
入場料1,000円

サンエールさがみはらは、JR/京王線橋本駅から徒歩10分です。
橋本駅南口からの行き方はこちらをご覧下さい。


ご予約はこちらまで。
chestercopperpot.cc@gmail.com

世界の終わりのものがたり



日本科学未来館の企画展、「世界の終わりのものがたり」に行ってきました。

本当はよく考えないといけないんだけど、なんとなく棚上げして後回しにしてしまいがちな、大切な問題。改めて考えるいい機会になりました。

未来館の館長でもある、毛利衛さんの言葉が印象的でした。
不思議と腑に落ちたので、思わず著書を購入。じっくり読みます。

見終わってから、併設されているロッテリアでコーヒー飲みつつ、そこにあったレイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー」を読む。終わりについてのひとつの答えを発見。



はっとした。忘れないようにしたいなと思いました。

× CLOSE

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]