忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

ENTRY NAVI

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

横浜トリエンナーレ2011

思わず初日に行ってしましました。



11時開場で、10時過ぎにはもう横浜に着いているという気合の入れよう。笑

横浜美術館でチケット買って、いざ中へ。
すごく混むかと思ったけど、それほどでもなかった。(それなりに入ってます。)

いくつか印象に残ったものを・・。

マッシモ・バルトリーニ:本物の「パイプ・オルガン」。結構いい音する。同じ部屋にあるダミアン・ハーストのステンドグラス的作品とよくマッチしてた。
横尾さんの「Y字路」部屋:全部黒いバージョンになっててより異世界に引き込まれそうな感じに。(しかも部屋にあったほとんどが2011年制作だった!すごいよなぁ)
アラーキー:ううう。チロちゃん・・・・泣 超さみしい気持ちに。

あと外にあった島袋さんの「復興と発酵」にはうけた。ふざけてるわけじゃなくて、復興に関して超マジなんですけど、ちゃんとユーモアがあるんですよね。(昔見た個展もすごくよかった。)

これもそうか。



この看板の横にキャプション添えられてますけど、阪神大震災の時に作った作品と同様のものなんですよね。オノ・ヨーコさんの「DREAM」と比較してみるのも面白いかもしれない。

--

なんだかんだで横浜美術館だけで三時間も見てしまう。

もうひとつの会場に向かう途中で入ったラーメン屋が、「あれ、なんか僕迷惑でした??」と思うほど無愛想。そんな時こと笑顔で接するんだ!なんて思ったり。無理だったり。
これを思い出して。すごく面白いのでぜひ読んでみてください。)

--

二つ目の会場は、日本郵船海岸通倉庫(BankART Studio NYK)です。
今回、主な会場はこの二つだけ。

こっちでは・・・
カールステン・ニコライ:a.k.a Alva Notoですね。映像はリアルタイムで生成してるのかな?音に合わせて伸縮する。以前見たライブよりこっちの方が好きかも知れない。しばらく佇んでました。
落合多武:ネコ好き必見!
クリスチャン・マークレー:おそらく今回の目玉。時計が映っている映画のシーンを切り貼りして、実時間とシンクロした24時間の作品。ちゃんとでかいソファが沢山置いてあって、じっくり観れるようになってます。

こんな感じ。



これは面白かった。
ただつなぎ合わせるだけじゃなくて、それなりにシーンが繋がるように工夫しています。もう一回観たいな。

--

その後、サブ会場的なヨコハマ創造都市センターに行き、ピーター・コフィンの「ミュージック・フォー・プランツ」を観る。出演はOOIOO

こんな感じ。



このビニールハウスに四人入って演奏してます。楽器とかスピーカーも全部中にあって、あくまでも「植物に聞かせるためのライブ」。人間のお客さん向けには、申し訳程度のモニタースピーカーが一発転がってるだけ。目の前に演者に全く無視されるという初めての経験!(客ではないからか、お金もとられません。)やっている方はどんな感じなんだろう?なんか不思議な体験でした。(音楽自体はフェスでビール飲みつつ見たい感じ。ドミューンフェス行きます!)

PR

不平の合唱団:おわりました

おわったーーー!

土曜、日曜と3公演。
それ以外にも素材撮りやら録音やらでかなりみっちりやりました。つかれたー。

日曜の表参道ヒルズ終了後、原宿で80人集まって打ち上げ。笑
(そんな店があることがまず驚き)
アーティストとも少し話せた。貴重な機会に参加できてラッキーでした。

11/28から六本木森美術館にて編集した動画が公開されます。
他の国々の不平の合唱団の映像も一緒です。ぜひおいでください。
http://www.mori.art.museum/contents/mamproject/project010/index.html

--

動画ニュースをいくつか。

■NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013778421000.html

■TOKYO MX
http://www.mxtv.co.jp/mxnews/news/200911146.html

youtubeにあった。表参道ヒルズでの公演の様子。
右端でチラチラと映っている黒い帽子の男が僕です。


不平の合唱団:お知らせ

以前お伝えした不平の合唱団の続報です。

現在、数々の不平から厳選された不平達が歌詞にまとめられ、曲になりました。
既に2度練習したのですが、なかなか難しい、のですが、とても楽しいです。

最後はパブリックスペースでの公開パフォーマンスがあります。
これはもちろん一般公開されるので、ぜひお越し下さい。

11/13 (fri) 18:00 Tokyo Sky View (六本木ヒルズ屋上)
11/14 (sat) 時間未定 増上寺、表参道ヒルズ大階段

いずれも予定です。
また時間等わかりましたら連絡します。
sky viewはお金かかっちゃうけど、他のはもちろん無料です。

http://complaintschoir.org/tokio/

--

(11/10追記)

曜日が間違っていたので、直しました。
時間等は明後日、直前ですが、わかる予定です。

--

(11/11追記)

正式な発表ありました。場所が変更になっています。
ご注意を。

◇11月13日(金)
19:00〜19:30
場所:六本木ヒルズアリーナ 

◇11月14日(土)
15:00〜15:30
場所:増上寺

19:30〜20:00 
場所:表参道ヒルズ

以上です。
スカイビューなくなっちゃったんですね。残念。でも雨か。

不平の合唱団

不平の合唱団」というアートプロジェクトがあります。
それは世の中の不平・不満を歌詞にして、合唱曲にしてみんなで歌いあげよう、という企画です。

フィンランド人とドイツ人のコンビ(テレルヴォ・カルレイネンとオリヴァー・コフタ=カルレイネン)が主催、というか彼らの作品になります。

《不平の合唱団》公式ホームページ

こんな感じ。

■ヘルシンキ版


なんで「meter pizza」なのに50cmしかないの〜、とか。笑

■子供版


これかなり面白い。おならがくさい〜。笑

あと、
girls are stupid!
boys are stupid!
の後の三段オチが最高です。

これの日本版をやる、ということで森美術館で募集があり、不平不満を書いて送ったら、見事に通りました。20年ぶりぐらいに合唱隊の一員です。

練習第一回当日の模様
結構映ってる。笑

希望するテーマごとにグループ分けをしたのですが、僕のグループに小さいハーフ(たぶん。顔立ちはまったく西洋人)の女の子がいて、暇だったのか、グループのメンバーの女性陣に折り曲げた付箋を渡し、「読んで!」なんて言ってました。で、付箋に「すき」とか書いてあるんですよね。笑

で、最後の方にその子が僕のとこにやってきて、「はい、みんなにみせてね」と言って付箋くれました!
おー、なんだろう・・と思って開けてみると、



「かみのけが かこいい」笑

爆笑でした。

Story of ...



東京国立博物館で開催中の「memories of Cartier creations『Story of ...』」に行ってきました。

カルティエが今まで作成してきた、えーと、なんて言うのかな、特別な一点もの達が、そのストーリーとともに展示されていました。

このストーリーがいいんですよね。
それぞれの宝飾品に込められた想いがわかりやすく伝わってきます。

会場は若い女性で一杯でした。やっぱ女性は好きですよね。ああいうの。デカいダイヤがいっぱいついたネックレスの前でみんなテンションあがってました(僕もですが)。

会場構成を吉岡徳仁さんがやっていて、シンプルながら、とても美しい展示でした。クラシックな建物にもよく調和してました。
最後の展示室にはちゃんとカルティエとコラボレーションした香水のボトル(ダイヤ入り!)なんかを置いたりして。ちゃんと主張も入ってます。

× CLOSE

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]