忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[swiss日記0802] 18日目:チューリッヒ移動日

電車が出るのが昼なので、一件だけ見に行くことに。
カサ・バトリョという、これまたガウディ建築です。



美しいですねー。
骨っぽい?

バルセロナを訪れた人達のブログによると、ここが一番よかった!という声が多く、僕も中に入りたかったのですが、入場料が結構高く、所持金ギリギリだったので、断念。
外観だけ写真に納める。

少し時間が余ったので、街を少し歩く。地下鉄ばかり乗ってると街の様子はよくわからないですが、歩くとよく分かる。結局短い滞在だったので、少しでも街の空気を記憶しておきたかった。

サグラダ・ファミリアが見える公園で遅めの朝食。とはいってもまたサンドイッチ。
ぼんやりと小一時間過ごす。

--

いよいよサンツ駅へ。

余裕をもって早めの到着。
昨日のチケットカウンターのおじさんに言われたことを復習。

4本の電車を乗り継ぐのですが、

電車1:ただ駅に来て、そのまま乗れば良い。
電車2:予約が必要。その駅で予約をすること。
電車3:3ユーロかかる。
電車4:3ユーロかかる。

よし。
というわけで、最初の電車は時間になったら乗ればいいんだよな・・・・。

と思いつつよく見ると、自動改札機が設置してあり、電車に乗るにはどうやってもあそこを通らなくてはいけなさそうだ。
本当に大丈夫なの?と不安になる。
近づいて改札機をよく見てみるが、僕のユーレイルパスが通るとは思えない。

うーーーん。不安だ。
時間になって行ったら、おっと予約が必要だよ、なんて言われて乗れなかったらすごい困るしな・・、と思い、結局チケットカウンターにまた並ぶ。

この日は割とにこやかな女性。ホッとしつつ、パスを持っているのですが、この電車は予約いらないんですか?と聞くと、OK、ちょっと待ってね、と何かを入力し、発券している。
「これが必要です。お金はいりませんよ。」
と言って渡されたのは、パス保持者専用の、自動改札を通るための切符だった!!

いるんじゃん!
やっぱそのまま行ってたらダメだったってことじゃんかー。

あのおじさん、入るのに券は必要だよ、って一言言ってくれてもいいのに・・。

まぁ、とりあえずはいいや。聞いて良かった。

長旅になるので、水を買う。食料はパンが一切れしかないけど、次の駅で買えばいいや。
あと、暇つぶしになるものを探した所、「sudoku」と書かれているスペイン語のパズル本を発見!
スペイン語わからなくてもできるので、購入。

--

時間が来て、自動改札を無事通り、荷物チェックを受け、車内へ。
フランス国境の街まで行くのだけど、結構混んでいる。

海沿いを走るので、たまに地中海がちらちらと見える。
小さいビーチがいくつかあって、ヴァカンスな人達で賑わっている。

座席は二人掛けが向かい合うようなレイアウト。
僕の正面にはスペイン人らしき若いカップルが座っていて、新聞読んだり、携帯で話したり(こっちは車内での携帯使用はぜんぜんOKぽい)している。

しばらくして、読み終わった新聞を座席の間にはさんで、そのまま降りてしまった。

新聞いらないのかー。ちょっと読んでみようかな・・、と手に取ろうとすると、間に携帯が挟まってるじゃないですか!

あっ、と思うも既に遅し。電車は駅を出ていた。

どうしよう?
こういう場合って、なくした!って気づいた時点で、誰かに電話借りて自分の携帯にかけるよね?

っていうことは、そのうちかかってくるのか・・・。スペイン語で???
うーーーん・・・・。

しかたない。かかってきたら出よう。
その前に車掌が来たら渡そう。

と決めるが、落ち着かない。

ふと、3日前のテロのことが頭をよぎる。

携帯って、起爆に使われたりするよな・・・・。

と思い、ちょっとゾッとするが、携帯以外には新聞しかないので、いくらなんでも爆弾はないだろう、と言い聞かせる。

結局、目的の駅に到着するまで何事も起きず。そのまま降りる。

--

セルベールという駅に到着。

ここも海沿いのちょっとした避暑地みたいな所。
案外ホテルとかレストランとかが見える。

よし、まずは予約だ!と早足でチケットカウンターへ。

一番乗りで到着。ボンジュール、と言われ、もうフランス語圏に来ていることを知らされる。


えーと、この電車の予約がしたいのですが。
「予約いらないよ。」
え?
「時間になったら、そのまま乗ればいいから。」
あ、そうなんですか?(予約がいる、って言われてきたんだけどなー・・)

腑に落ちないまま、いいって言っているんだから大丈夫だろう、と覚悟を決め、一時間程駅で待つ。

水を補充。食料も買わないとなー、と思うが、何もない。
何かパンとかサンドイッチとか買おうと思ってたのが、それらしきものが全く見当たらない。

仕方がないので、自販機でオレオ(6枚入り)を購入。
約半日を、水(500ml)二本、オレオ、パン一切れ、でやりすごすことに。

何度も確認して電車に乗り込む。
確かに予約はいらなそうだ。
バルセロナのおじさんが言っていたことは連続して間違っていたことに。なんだかなー・・・。

ローカル線なので、1stクラスに乗り込む。
客は僕ともう一人ぐらい。
なかなかいい感じ。



水をちびちび飲みつつ、数独などやりながら時間をやり過ごす。



二時間程乗ったところで、お腹がすいてくる。
我慢、我慢・・と言い聞かせるが、いかんともしがたい。
あと、チューリッヒまで少なくとも半日ぐらいはある。

しかたない。

パンはとっておいて、オレオを「一時間に一枚」だけ食べることにする。
そうしたら、少なくとも6時間はもつ。


早速一枚。

うまい。

そして絶対的に足りない。


しかし、我慢する。

またパズル本に戻るが、時間が気になる。
時計をちらちら見つつ、早く一時間経たないかなーなどと思う。


ようやく一時間後、二枚目。

やはりうまい。

そして、圧倒的に足りない。


そこをまたこらえる。
するとどうだろう、急に食欲が収まってきた。

これなら大丈夫かも?むしろ今は何も食べたくないなー、といった案配で、夜中まで過ごし、あとはひたすら寝る。
シートがリクライニングしないので、結構しんどい体勢で寝る。


夜中3時過ぎに次の駅に到着。

こんな時間なのに、僕と同じような旅行客が10人程乗り換えを待っている。


小一時間待つ。
電車が早めに来ていたので、先に乗り込んでおく。
普通のスイスのローカル線だ。
っていうことは、ユーレイルパスで乗れるってことで、「3ユーロかかる」っていうのも外れたことになる。

結局次の電車も同様で、タダで乗れたので、あのバルセロナの親切なおじさんが教えてくれたのは、4本ともウソだったということに!!

なんなんだ。
単に知らなかったのだろうか。

朝方、ようやくお腹が空いてきたので、残りのパンを食べる。結局オレオは半分残ってしまった。

早朝6時ぐらいにチューリッヒ中央駅着。

ようやく帰ってきたぞーー・・・・・。
それにしても疲れた・・・・

でもとにかく無事に帰って来れてホッとする。
もうしばらく電車には乗りたくないなーと思いました。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]