忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[swiss日記0731] 16日目:ビルバオ

ホテルはこんな感じです。



遠くに看板(P don claudioってかいてあるやつ)が見えますが、入り口は中央の黒い扉です。
そこには何も書いてないんだよ!わかんないって。

まぁ、でもすごく安かった(確か、38ユーロとか)ので文句は言えないけどね。

そこから電車に乗り、またビルバオ駅へ。
この日の夜はバルセロナまで移動なので、その予約をする。
カウンターの女性が感じ悪い。が、いちいち負けていられない。めげずに交渉。一応ちゃんと予約はしてくれたのだけど、クラスが書いてない。touristっていうのがそうなのかな?まぁいいや。

徒歩でグッゲンハイム・ビルバオへ。



いやー、あらためて見ても本当に凄い。
フランク・ゲイリー設計のこの建築、すごく複雑なかたちをしています。
ドキュメンタリー映画「スケッチ・オブ・フランク・ゲーリー」(途中で寝ちゃったんだけど)で、どんなプロセスであんな形が生まれるのか見せてくれるのですが、最初は本当に試行錯誤で、紙を切ったり貼ったり曲げたり折ったりしながら模型を作っていくんですね。
で、それを後からコンピューターでプログラムしていくっていう。
だからやっていることは彫刻に近いですよね。

内部も複雑です。



従来の箱が並んでいるような美術館と違って、曲線で構成されたいびつな形の空間が、折り重なるように連続的に配置されていて、歩いているだけで楽しい。
作品を見つつ、建築を見上げつつ、っていう楽しみ方。

もちろん、作品もすばらしかった!
この旅でいくつか美術館を巡りましたが、僕はここが一番好きですね。

1階にはリチャード・セラの部屋があって、例の巨大な鉄板のモニュメントが7つぐらい置いてある。中を歩けるのだけれど、あの鉄の質感、静かで威圧的でざらざらと錆び付いた感じ、が心地よい。これがもし倒れたらぺちゃんこだなーなどと思うと恐怖ですが、それも作品のうちでしょう。

特設展は蔡國強(ツァイ・グオチャン)の回顧展「I want to believe」。花火を使ったアートで有名な(あの北京オリンピックの足跡もそうね)方ですが、いきなり3階吹き抜けのエントランスホールに自動車を7台吊るし、そこから爆発のようにLEDを動かす作品で度肝を抜く。ああ、花火だけじゃないんですね。すんません。
他のも結構おもしろい。「足跡」のドローイングが巨大で、これまたすごい。

これで結構見れますね。




あと印象に残ったのはヴィデオ作品。

Douglas gordonとPhilippe Parreno(今気づいたけど、ポンピドゥーで見た汽車の映像の人ですね!)による、「Zidane, a 21st century portrait 」。
レアル・マドリード時代のジダンのとある試合を開始からタイムアップまでジダンのみカメラで追いかける、という作品。
ここで観られますね。よかったらどうぞ。音楽はモグワイです。)

スーパースターといえども、ボールを持っていない時間帯の方が圧倒的に多いわけで、その間のジダンのなんと孤独なことか。

Slater Bradley 「Doppelganger Trilogy」
3つのスクリーンにそれぞれ、イアン・カーティス、カート・コベイン、マイケル・ジャクソンの映像を大音量で展示。マイケルが死んだばかりだからねー、踊るマイケルの姿見たらグッと来てしまった。
なんて思ってたんだけど、タイトルが示唆するように、これらはアーティストによるパフォーマンスだった!って、今知った。笑
なるほどー。

--

たっぷりと堪能した後、駅に戻りバルセロナに移動。
touristクラスはどうも2nd classっぽくて、満席。
子供は騒いでお菓子ばらまくし、前のギャル二人は大声でずっと話してるし、隣席の男は挙動不審な上臭うし、後ろの席では席についてるトレーをがしがしいじってるし、と、もーーーう最悪!

これを約6時間耐える。
とにかく寝ることに。

フラフラになりつつ、夜11時ぐらいにバルセロナ着。
おおーついに来たぞー!とテンションも復活。
地下鉄を乗り継いでホテルを目指す。

ビルバオでの経験を踏まえて、最寄りの駅の名前と、簡単な地図を書いておいた。のだけど、またしても見つからない。あれ、ここじゃないの?っていう所に、ない。

もの凄くあせる。バルセロナはそんなに治安も良くないって言うし。

そしたら、たまたまそこにお巡りさん二人登場!
ここぞとばかりにホテルの住所を見せると、あーー(残念そうな顔)ここじゃないよ?と言われる。ここからちょっと離れてるんだよね、といいつつ地図を広げて場所を教えてくれる。親切。

ホテルまでなんとかたどり着く。
この旅初の3つ星ホテル。まともなロビー、まともなフロント(英語がちゃんと通じる)。
ほっとして部屋に入ると、そこには書くのもおぞましい、例の茶色いアレ(gkbl)がお出迎え。

おまえかよ!と突っ込みつつ、フロントに言って部屋変えてもらいました・・。
そしたらなんかダブルだった。まぁ関係ないけど。


PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]