忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【スイス日記2010】7/12 カウベルの使い道とは?

この日もどこに行くか迷う。
主な美術館とか建築とかは既に攻略済み。
ちょっと疲れているので、家でおとなしくblogでも書くか?とも思うが、もったいないのでやはり出かけることに。

やはりチューリッヒから電車で約一時間。
ルツェルン再訪。ピラトゥスという山に登ります。

ピラトゥスに行くには、まずルツェルンから電車で20分ぐらい。alpnachstadという駅で降りる。ちなみに船でも来れます。

降りると目の前にチケットセンターがある。
山へのルートには、登山鉄道とロープウェイがあって、こっちの駅からは鉄道に乗れる。帰りはロープウェイで降りてこようと思っていたので、チケットセンターのおばちゃんに「片道一枚」というと、何やら納得のいかない様子。ん?と思っていると、

「下りは徒歩?」

いやいやいや!
まさか(2000m級の山です!)そんなわけないじゃないですか。

あわてて否定すると、地図を指差しながら、上りは鉄道で下りはロープウェイの道を示しながら「これ?」と言っている。そうですそうです。

「64フランになります。」

高っ。
約6,000円ですか??
一瞬行くのをやめようかと思うが、折角なので購入。



これがピラトゥス駅。
ドラゴンがシンボルです。

かなり急勾配の鉄道。驚くべきことに1889年開業。当時は蒸気だったそうです(今はもちろん電気)。この山に登山鉄道を作ると言い出した人は、皆に頭がおかしいんじゃないか、と言われていたそうですが、やり遂げたわけです。すごい。



車内は個室のように分かれているのですが、僕が乗った場所は僕ひとりだったので、しめしめと思っていると、時間ギリギリに家族連れが乗って来た。当然かなりはしゃいでいる。うるさい。でも楽しそう。久々に一人でいることが寂しいと思わされる。こういう観光地だからかなぁ?

20分ほど登って山頂駅へ。
それほど空気は薄くないような。

ここから片道30分の道をハイキングに行ってみる。
スニーカーで大丈夫、と書いてあったのですが、



確かに歩きやすい。横は結構な急斜面ではあるが。



くちばしの黄色いカラスみたいなのがいた。
登山客が途中で一休みしてご飯など食べてると、飛んで来てエサをねだる。人に慣れている。

道は結構急な登りになったり、日なたでは暑く、日陰では肌寒かったりもしたが、おおむね順調。



途中からいきなり未舗装。
とたんに歩きにくくなる。勾配も心なしか急になったような。トレッキングとかの底が厚い靴がほしい。息が上がってくる。サンダルで歩いている女性なんかもいて、かわいそう。

それでもなんとか目的の場所までたどりつく。
さすがにいい眺め。すごくスイス的だ。



しばらく休んで来た道を戻る。
途中に、面白いサインが。



エコー
お前も来たのか。よく登って来れたなー。しかしこんな看板たてておこられるぞ。

・・ここはですね、やまびこスポットです。
よく響くということでみんなで「ヤッホー!(とは言ってませんでした)」ってやってました。



パラグライダー?何グライダーかわかりませんが、空中遊泳。すごく楽しそう。



別の山の山頂には、だいたいこういう風に十字架がありました(近くに教会があったりもする)。こんな山間で暮らしている人もいるんですよね。まさにハイジの世界。



牛が結構沢山いて、本物のカウベルをぶら下げている。カウベルの用途にそこで初めて気づく。どこかに行ってしまって姿が見えなくなった時のためなんですね。
カランカランという音は山頂まで聞こえていて、とても牧歌的。のんびりしている。



これで降ります。

ロープウェイは四人乗りで、行きとは違って一人で乗れた。
一人の時間を楽しむが、やはりちょっと寂しい気もする。



駅でおりると、フィールドアスレチックなんかがあって、子供達が遊べるゾーンになっている。そこに確か「世界最長」のすべりだい。やってみたいが、やらずに帰る。

--

駅まで戻り、周辺の建築をチェック。

HOTEL ASTORIA



ハーツォーク & デュ・ミューロン(ヘルツォーク&ド・ムーロン)。外観は割とおとなしい気も。カッコいいけど。泊まってみたい(一泊2-3万ぐらいらしい。割とお得?)

近くにジャン・ヌーベル設計のTHE HOTEL LUZERNもあるはずなんだけど、見つからず。

駅前にはすっかり有名になったこれ。



これもジャン・ヌーベル。この巨大なひさしが壮観。湖の光を反射して美しい。皆さんその下で涼んでいました。

--

この日はこれで撤退。
次の日はモントルーで、その次の日はもう帰国。

というわけで、アパートに戻り荷作り。
冷蔵庫に残っていたビールを飲み干す。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]