忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【スイス日記2010】7/04 Red Factory

昨日の疲れか、昼まで寝てしまう。
(しかし、ここひと月は土日含めて猛烈に働いていたので、昼まで寝るなんていつ振りだろうか・・?)

珍しく雨が降っている。
今日は予定もないし、しばらく家でギターを弾いて過ごす。

晴れて来たので、みんなで湖畔に行くことに。
折角なので歩く。



チューリヒ市の紋章にもライオンがいるのだけど、関連はよくわからない。
後ろに見えるのは証券取引場らしい。チューリッヒは金融都市ですものね。
ちなみにFIFAの本部もあります。ちょっと行ってみたい。



チューリッヒ祭りは本日最終日。まだまだ盛り上がってる。
ほとんど遊園地ですね。これ。



水陸両用車体験ができる。2,000円ぐらい。乗りたいけど、しかし高いなー。



こんな感じの湖畔沿いをずっと歩く。
気持ちいいが、途中人ごみに何度か阻まれる。



目的地、Rote fabrikです。
ここはホール、劇場、レストランなどが一体となったアートの複合施設です。
ここでアーティスト・イン・レジデンスの募集をしていて、puma mimiさんがめでたく審査に通ったんです。半年滞在できて、アトリエと住居が用意される。今までビザなし滞在の3ヶ月ギリギリをスイスで過ごし、また日本に帰り、そしてまたスイスに行く、という繰り返しだったmimiさん、ようやく腰を落ち着けられます。



アトリエに向かう。
壁は中も外もグラフィティだらけ。



アトリエ。広っ!
バスケのコートぐらいはある。
「音楽制作」だけではもったいないので、ここでPVを撮るとか、何か作品を作るとか、いろいろ考えているらしい。楽しみですね。いやしかし羨ましい。

アトリエを出てトラムで二駅。今度はアパートの方に。



こじんまりとしていて、なかなか落ち着く。いいな。

今僕はtimさん宅にお邪魔しております。3DKのアパートの一部屋をお借りしているのですが、僕らの他にもう一人、ハンガリーの女性が住んでおり、現在帰省中の彼女がしばらくすると帰ってくるのですね。そうするとちょっと四人では狭いよね?ということになり、僕がこっち(rote fabrikのほう)に移動することになりました。

海外で一人暮らし!
一週間ほどですが。ちょっと不安。でも去年のフランスースペイン一人旅に比べれば全然なんてことない。



夕飯。rote fabrikのレストランで。
屋外で湖を眺めつつ食べる。
これはegliという湖でとれる魚のフィレ。細かく刻んだトマトとバジルのソースとよく合う。すごくさっぱりとしていてヘルシーな感じ。
これは25フランだから、2,000円ちょいですね。やっぱちょっと高いか。

rote fabrikの壁に思わぬ人、いや、猫のサインを発見。



こわっ。笑
ファズのやつ、いつの間にスイスに?
PR

Comment

無題

  • mizuiropinkchan3
  • URL
  • 2010-07-05 22:59
  • edit
Rote fabrikのプログラムに
ぱ、ぱ、パティ・スミスって書いてあるよ!
ライブをやるのですか?
見れちゃったり、しないですか?

素晴らしいアトリエだねえ。

Re:無題

  • tkng 〔管理人〕
  • 2010-07-07 19:07
そうそう。
今日ですね。見に行ってきます。
お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]