忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[swiss日記0722] 7日目:ヴァルス、サン・モリッツ

この日は朝早くから起きてまた温泉へ。
こんな感じです。



ここもツムトールさんの設計。いろんな種類の石を使って作られています。
中は青い光とキラキラした水の光でとてもきれい。幻想的。リラックスします。



こんな風に外にもあります。
外気がかなり冷たいけどね。
ちなみにここの温泉の温度(プールごとにちゃんと表示してある)は確か35度でした。
日本人には結構ぬるいですが、まぁ、泳いだりするからね。
中には42度のものもあって、それは結構日本人的に、あー気持ち良いって感じでした。

その後朝食。
たくさんの種類のパンやチーズ、ヨーグルト等が並ぶ。
お茶の種類も沢山あって、中にはこんなのも。



おー!日本茶だ!
と思わず手に取る。味はうーん、まぁまぁ。でもあるだけで嬉しい。

それにしても、目の前に広がる緑の風景を見ながら食べる朝食は格別。



今までで最高の朝食だな、と思いつつ食べる。

その後、もうちょっとゆっくりしたいなーと思いつつ、これからの移動のことを考え早々とチェックアウト。

またイランツ、クールと来た道を戻り、今度はそこからサン・モリッツへ向かう。

クール、サン・モリッツ間はアルブラ線というのだけど、なんとそれが世界遺産に登録されているんですね。
渓谷にかかる古い橋や山をくりぬいたトンネルなんかを通りつつ、ずーっと山の中の景色です。

途中、超有名なランドバッサー橋があって、どこのパンフレットでも紹介されているほど有名なんですが、行ってみたら・・。



修復中!
しかも赤い!(スイスだからかなぁ)

この橋に電車がさしかかると、気を利かせてゆっくり走ってくれるんですけど、車内の人達みんな困惑してましたね。

約2時間かかって、サン・モリッツ着。



おー。日本語で「サン・モリッツ」。
箱根登山鉄道と提携してるらしく、箱根から寄贈されたんですね。
(じゃあ箱根には「Hakone」のプレートがあるのかな?)

駅からさらにバスに乗り、コルヴァッチという山に登るためのロープウェイ駅へ。



結構高い所を進むので、ちょっとこわい。でも景色は素晴らしい。
途中でロープウェイを乗り換え、さらに登る。
山頂付近に近づくと、さっきまであんなに見晴しが良かったのに、だんだん霧につつまれて、着いた頃にはもう周りは真っ白でした。
駅から出て展望台みたいな所に行ったのですが、何も見えない。笑
ただただ白い。
しかも寒い。

それでもしばらく粘っていると一部視界が開けて、氷河がちょっと見えました。



ここは標高3000メートルを超えているので、高山病になるかもよ?と妻(こないだペルーで高山病を体験済)に言われてたのですが、大丈夫じゃない?と大して気にしてなかったら、バッチリ気持ち悪くなりました。
妻もなんか気圧の関係で耳がつまり、うまく抜けないらしい。
もうどうせ何も見えないので、お茶を飲んでさっさと下山。

ロープウェイ駅でバスを待っている頃には、僕はすっかり良くなったのですが、妻はずーっと苦しんでいる模様。しかも痛いらしい。見かねたのか、別のご夫婦が妻にガムをくれる。これ噛んだら少し良くなると思うわよ?大丈夫?という感じで。
このご夫婦、モロッコ人の旦那さんとスイス人の奥さんで、なんとペンフレンドだったそうです。
で、旦那さんがスイスに来て結婚したと。もう20年前とか言ってたかな?
いやーしかし、そういうのってあるんですねー。

その後はまた来た道を戻り、夜にチューリッヒへ帰りました。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]