忍者ブログ

[temporary habitat]

MENU

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

韓国行ってきました。1日目-その2

つづきです。

space hamiltonを出て、とりあえず夕飯。
友人に教えてもらった「明洞餃子」に行くべく、地下鉄で明洞(ミョンドン)へ。

明洞の駅前はかなり沢山の人出。
メインの通りは原宿みたい。狭い通りの両側にいろんな店がずらっと並んでいる。

コスメ屋さんに入る。
韓国はコスメ関連が安い!らしいです。
(というか、日本が高いんですよね?)
なので、若い女性の美容レベルは韓国の方が上らしい。確かにキレイな人多いです。
(整形も流行っていますよね・・。)
妻が化粧水やらパックやらを大量に買い込んでました。

その後ガイドブック片手に明洞餃子を目指すが、本店も支店もものすごい行列。
残念ながらあきらめ、近くにあった店に入る。

鳳雛(ポンチュ)というお店です。



「チンダッ」という料理らしい。
鶏肉、ジャガイモ、春雨などが甘辛ソースで煮込んである。
ちょっぴり辛いが、かなりおいしい。



韓国のビール。
あっさり系。バドワイザーとかの感じ。

その後はライブハウスに行くことに。
どこに行くかは決めてなかったんだけど、ライブハウスやクラブが沢山あるという弘大(ホンデ)に行く。

駅の近くにCD屋さんがあり、ちょっと寄る。小さいお店。
CDはそれなりにあるが、まったく誰が誰だかわからない・・。予備知識もない。
韓国語のhiphopが聞いてみたい、と思い、それっぽいジャケットで最近リリースのものを探す。
1枚購入。14000ウォン。
やっすいなー、1400円ぐらいかー、などと思っていたら間違って1400ウォンを出してしまい、怒られる。すいません。

この街もかなり賑わっている。
土曜の夜だしね。
若者が多い。

とりあえずそれっぽい看板発見。



LiveHallZoo、と書いてある。
店の前にポスターが貼ってあって、楽器を演奏するシンプソンズ風のキャラが書かれており、「school dayz」と書いてあった。
受付の人達に、どんな音楽をやってるの?と聞くと、怪訝そうな顔をしながら「Rock」と答えてくれる。学生?と聞くと、そうです、大学生です、とのこと。
どうも大学の音楽サークルらしい。

中に入ると、結構普通なライブハウス。
新宿のJAMみたいな感じかなー。
壁にいろんなアーティストの絵が書いてあるのだけど、beatles, jimi hendrix, rolling stonesなどの偉人に混ざってBON JOVIがいたのがおかしかった。BON JOVI人気あるんですかね?



こんな感じの、いかにも学生バンド。
曲は割とUKなチョイス。
演奏は・・・まぁしょうがない。

それにしても、僕が大学にいたころ所属していた音楽サークルもzooって名前だったんで、なんか不思議。
お客さんもみんな内輪だろう。
僕と妻だけなんか間違って迷い込んだ感じに。

5曲ぐらい聞いて出ることに。
受付の子達が挨拶してくれる。

次のライブハウスを目指していたところ、何やらビートが聴こえてくる。
そっちの方につられていくと、公園で何やらやってるらしい。



おお。野外でhiphop。
トラックを流しつつ二人のMCがラップを繰り出している。
何言っているかは当然わからないのですが、なかなかカッコイイ。

韓国はロックよりぜんぜんヒップホップの方が人気あるらしい。
結構多くの人が周りを囲んでいる。

その後、打(ター)というライブハウスへ。
ここは結構いい雰囲気。横に広い。

驚いたのが機材。
ドラムがソナーで、ベースアンプがアッシュダウン。で、ギターアンプがなんとBADCAT。
そんなライブハウス日本にはない(紅布ぐらいか)ですねー。

そのとき出てたバンド。



打ち込みありのロック。ちょっと懐かしいデジロックな感じ。
でも曲は結構カッコいい。座っているお客さんを全員立たせたりしてなかなか。
あと、メンバー全員すごくオシャレ。
こんなにファッションコンシャスなバンドは日本ではなかなかいない、と妻が感心してました。
確かに。

--

ロックでもヒップホップでも、音楽のクオリティは日本とそんなに変わらない気がしました。
情報量が大差ないですからね。そんなことを感じる。

ただ、そこにナショナリティっていうのは透けて見える(聴こえる)。
やっぱり、なんか「熱い」ですね。
韓国映画なんか観てても感じますが。

あと、ソウルを地図上で見るとすぐわかるんだけど、案外北朝鮮に近いんですよね。

韓国と北朝鮮は停戦状態で、韓国には徴兵制度がある。
ライブを観つつ、こいつらも何年かしたら軍に入るのかなーなんて思うと、日本の若者との隔たりを感じずにはいられない。

ちょっと想像してみて下さい。
もし日本にも徴兵制があり、20代の多感な時期に2年間兵役があるとしたら。

うーん。
それによって損なわれるものって、凄く沢山あるんだろうなーと思う。

つづく。
PR

Comment

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

Trackback

この記事にトラックバックする

× CLOSE

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[06/22 bvlgari snake for women replica]
[06/22 bvlgari ring for men price]
[06/20 faux cartier timepieces]
[06/18 hier veroeffentlichten]
[06/17 hermes birkin 42 bags wholesale]

最新TB

プロフィール

HN:
tkng
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

× CLOSE

Copyright © [temporary habitat] : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]